真珠を纏うバリ絵画

【伝統技法と調和されたコラボレーション絵画】
竹の先を潰した筆を使って古典的な手法で描かれるバリ島の伝統絵画は 墨で幾重にも塗り重ねされた線が見事な風合いを醸し、更に そのモノトーンの世界には 七色の真珠が奏でる数万の色彩でキャンバスに色が添えられ、コラボレーション作品「真珠を纏うバリ絵画」が誕生します。

伝統絵師 Kuncitはインドネシアのバリ島で、また パールアーティスト Sachikoは 日本に居ながら、それぞれ制作活動を行う世界初のコラボレーションアートです。

【Collaboration drawing harmonized with traditional technique】
Bali’s traditional drawing using ancient brush of bamboo with its tip crushed and ink has gorgeous taste with overlaid lines by bamboo. The collaboration artwork “Bali drawing wearing pearl” is born by adding tens of thousands of nuances using 7 colored pearl to the black-and-white world. This is the first-in-the-world collaboration art by Kuncit, traditional painter in Bali, Indonesia and Sachiko, pearl artist in Japan.


【パールアーティスト独特の創作技法】
人の手と自然の力 そして真珠貝が生涯を賭して産み出された上質な真珠は、様々な形や大きさにカットして整えられ、更にその真珠層のみを使用することで細粉まで輝く素材となります。これらの工程は 非常にデリケートな作業となるため、機械は使用せず全て手作業で行います。整えた真珠細片などは、一粒一粒 ピンセットや竹楊枝を使いながら 稜線を描くかのように貼り付けられ、根気と情熱をもって完成へと近づけられていきます。「俵屋宗達氏の 彫り塗り」を彷彿させるかの如く、墨絵の線画と真珠層の色彩は 今まで誰もなし得なかった新たなジャンルとして後世へ語られていくことでしょう。

【Unique creation technique of pearl artist】
By using only mother-of-pearl made from high-quality pearl that was cultivated by human hand and power of nature through the whole life of pearl shell, it will become the sparkling material even to the finest powder. These process are very delicate so it’s all done manually. Trimmed piece of pearl are pasted as to draw ridge line using tweezers and toothpick and proceed to the completion with patience and passion. It’s like an unprecedented work “that reminds us of the carve painting of Sotatsu Tawaraya”. With the perfection of sketch as well as the expression with the color of pearl make this artwork the one and only.